おいしくお米を炊く

日本人の食卓にはやっぱり白米!私はおかずだけでも大丈夫な人なのですが、中には「米が無いとおかずが食えない!意味がない!」という人も多いと思います。また、私の知り合いには「お米とおかずの量はぴったり同じ」じゃないとダメな人がいて、おかずが無くなるまで白米をおかわりするお米ファンもいます(笑)
そこでお米自体の品種改良、炊飯器の改良が日々どこかで行われているわけですが、そこで忘れてはいけないのが「水」です。お米自体の旨みも大切ですが、それを炊く際に吸い込む水の味も同じくらいに大切です。特に炊きたてのときは水分が蒸発していないので水の味が特に重要になります。まあ同時に炊きたててアツアツなので、おかずなどと一緒にバクバク食べちゃうとあまりわからないのですが(笑)一応高級料亭の中には「お米は冷えてこそ本当の味がわかる」ということで、わざとある程度冷ましてから出すところもあるそうです。
一般家庭でもしょっちゅう炊きたてで食べるわけでは無いので、アツアツから少し冷めるだけで簡単にお米の味を把握することができます。その時に水の味による差が実感できると思います。日本の水道水は他の海外と比べれば圧倒的に安全ではあるものの、とりあえず味に関して見ると一般的なウォーターサーバーにはまずかないません。

Copyright(c) ウォーターサーバーの活用ガイド All Rights Reserved.